【六本木・ランチ】キンシャリ屋9月の限定メニュー「鬼脂まぜそば」。今度は背脂の限界突破だ!

キンシャリ屋

9月になったら六本木キンシャリ屋の限定メニュー

六本木ヒルズにある「キンシャリ屋」さん。
9月になったので、限定メニューが変わりました。
今度のメニューは「鬼脂まぜそば」!
ポスターもなかなかの勢い。

背脂200g!

野菜200g!

豚バラ50g!

なかなかのボリューム感。
それにしても背脂200gとは恐ろしい。

ちなみに、背脂ってどのくらいのカロリーなのか調べてみました。

背脂とはラードのこと。
揚げ油などにも使う、豚の脂ですね。
日本食品標準成分表2015年版(七訂)によると、

ラード 100g 941kcal

と、あります。
ということは、200gで1,882kcal!

ああ!ちょっと待って。
そっとブラウザを閉じないで!

確かに、まともにスープを全部飲み干せば、摂取カロリーは恐ろしいとこになる!
だが、飲み干さなければ、背脂の摂取は限定的。
しかも、商品はまぜめん。
つるつる滑る脂が、果たしてどこまで緬にまとわりつくか。

びびっても仕方がない。
なにしろ、もう食券を買って注文してしまったのだから。

キンシャリ屋はセルフサービスでスープが飲み放題。
まずは、胃袋を温めて食欲を沸かせる作戦。

「お待たせしました~」

ついに、「鬼脂まぜそば」がやってきた。

うむ。
緬が見えん。
そして、見本の写真と違って豚バラの上から背脂が掛かっている。

やや、アップにしてみる。
もやし主体の野菜が200gの片りんが見える。
確かにヘルシー。なのかもしれん。

「よく混ぜてからお召し上がりください」と言われたが、どうせ勝手に混ざるから最初はそのまま行く派。
緬を引きずり出して、ずるずる行く。

緬は太打ちの平緬。湯で加減は柔らかめ。
きしめんに近いかな。
まぜめんのスープにはよく絡む。

箸休めに、食べ放題のザーサイ。
キンシャリ屋は、スープ、ザーサイが食べ放題。

箸を休めることなく完食。
これは中毒性高いかも。

食べ終わると、これだけのタレが残ります。
ラードの大半はこの中に浮いているので、摂取した量はやはり限定的(と信じたい)。
ラードだけで2,000kcal近く摂取、ということにはならなさそうです。

魔の、ライス+生卵セット(+100円)というのもあるけどね。
ライスinでTKGにして全部飲み干したら、恐らくカロリーは3,000kcal超!
絶対うまいと思う!

我こそは、と思う人はチャレンジしてみてください!
六本木キンシャリ屋さんの「鬼脂まぜそば」は、少なくとも9月いっぱいはやってると思います!