【練馬・居酒屋】「四文屋」さんにパンパンになった頭をほぐしにやってきた!

練馬

脳を使って頭パンパン。
そんな時は、ホッピーなんてなまぬるいお酒ではなく、ガツンと効くやつがいい。
そうだ、梅割り焼酎にしよう!

というわけで、練馬の四文屋へ。
都内で安定的に梅割り焼酎を飲める店と言ったら四文屋だよね〜。
練馬の四文屋は、四文屋の中でも屈指の人気店。
いっつも混んでて威勢もいい。
その上お客さんへの気配りも忘れない。
それとも、接客がいいから混むのかな。
鶏が先か卵が先かですな。
両方だから益々混むんでしょう。
カウンター席もあって一人飲みにも優しい。
この日も一人なんでカウンターに。

「まずはお飲物から」と来るんで、迷わず「梅割り焼酎」を頼む。
梅割り焼酎とは、甲類焼酎を梅風の液体で割ったもの。
梅風と書くのは、果汁が0%だから。
梅シロップと言う人もいるけど、甘くは無いので厳密にはシロップでは無いはず。
金宮焼酎の空き瓶に移されているので銘柄等はわからないけど、おそらく「天羽の梅」。
天羽飲料で作ってる、焼酎の割材。
ほんのしとたらしふたたらしなので、ほとんど風味づけ。
昔の焼酎はそのままでは飲みづらかったので、これで飲みやすくしたそうな。
今の甲類焼酎はだいぶ改善されたけど、この飲み方だけは残った。
はっきり言って、廃人の飲み方だけどね。
飲み口はよくなるけど、ほとんどアルコール度数20度の焼酎だから、飲み過ぎると危険。
四文屋さんでは3杯までと制限を設けてる。

「梅割り焼酎」を頼むと、ガラスのコップと銀色の皿が出てくる。
コップを銀の皿の上にセット。
金宮焼酎をボトルからそそぎ、すりきり一杯。
そこに、梅風の液体を注ぎ、少しこぼす。
これが四文屋スタイル。

世にも美しく危険な琥珀色の酒ができあがる。

梅割りをすすりつつ、メニューを選ぶ。
本日はオススメのホワイトボードから。
人気の部位は早々になくなっちゃうこともあるので、お早めに

まず来たのは、豚レバごま塩。100円。
中心部をレアに焼き上げた豚レバを胡麻油と塩で食す。
生の部分のコリっとした食感が楽しい。
生レバが禁止されたときには哀しかったけど、こうしてレバ焼きの技術に工夫が凝らされていくのは、よかったのかもしれん。
いや。やっぱりこっちの選択権をお上に制限するのは気に食わん。
生レバを解禁せよ。

続いて、鶏ふりそで。100円。
手羽元の根元の肉。
しっかりした歯ごたえがあって、噛めば噛むほど味が染み出してくる。
これはうまい。

お野菜もとらなきゃーと思って、ソラマメ。
かわいいソラマメが四つ入ってました。
ソラマメの皮は剥かずに食べるタイプ。

この辺りで、梅割りお代わり。
酔いが回って、頭が解れてきました。
これこれ、この感覚。
たっぷり頭使ったあとのこの感覚は大人の特権。

料理をもう一品と思って、牛ミンチ。

軟骨ごとミンチにした牛肉が串に刺してあります。
コリコリした食感が楽しい。

料理もお酒もここで打ち止め。
「お料理どうですか?」と聞かれましたが、丁寧に断ります。
梅割り焼酎の残りをゆっくり頂いてお勘定。
本日のお勘定は1,400円足らずでした。
お財布にも優しい。


飲んでいる間にもお客さんが入れ替わり立ち代り。
親子連れがカウンターの陣取ったり、ほのぼのとする場面も。
懐の深い「四文屋 練馬店」さん。
これからも、お世話になります。

宮崎本店 キッコーミヤ焼酎 25度 720ml

新品価格
¥596から
(2018/4/9 21:29時点)

天羽の梅 うめ 1800ml [天羽飲料製造 東京都]

新品価格
¥1,169から
(2018/4/9 21:28時点)

アデリア アルスター90 12個セット 354

新品価格
¥2,793から
(2018/4/9 21:38時点)

18-0 ステンレス小判タレ入れ(ツマミ皿)

新品価格
¥154から
(2018/4/9 21:40時点)

自宅で梅割り焼酎を楽しみたい人は、Amazonで揃えられますよー(笑)

 

 

関連ランキング:居酒屋 | 練馬駅豊島園駅桜台駅

練馬・居酒屋練馬

Posted by ちえ