【日本酒】安くてうまい酒が近くに売っている幸せ

2020年11月21日

日本酒を買う。
日本酒を買いに行く。
このところ、行きつけの居酒屋に日本酒を納品している。
利益を得ている訳ではない。
てめえが飲みたい酒を持ち込んで買値で買い取ってもらって、1杯いくらで呑ませてもらっているだけだ。
交通費と時間を考えたら、マイナスですらある。
しかし、自分は好きな酒が飲めるし、お店は日本酒のバリエーションが広がるし、今のところはwin-winの関係である。
これをやるようになってから、めっきり家酒が減ってしまった。
日本酒の消費量復活には、家での晩酌が欠かせないと提唱していた自分としては、ゆゆしき自体である。
だから、久々に家酒を買いに行った。

家酒に求めるものはなんであろう。
味か。ラグジュアリー感か。
否。価格である。
安くてうまい酒。
これが至上。
安くて、な酒ならいっぱいある。
しかし、安くてうまい、となると、これはかなり絞られてくる。
自分はここに、もう一つ条件を加えた。
極近所で買える。
安くてうまい酒も、電車を乗り継いて買いに行かなければならないとなると、魅力が半減する。
通信販売だって、面倒だ。
では、どうすればいいのか。

近所の酒屋を巡るのだ。
そこで、安くて旨い酒を探すのだ。
うまいかどうか、飲んでみなけりゃわからんじゃないか。
ならばチャレンジするのだ。
何回でも、何本でも。
無駄だ。
そんな、何回も何回も、チャレンジするのは無駄だ。
それなら、電車を乗り継いででも買いに行った方がいい。
高くても、旨いと思える酒を買った方がいい。
そうだ。その通りだ。
そうやって。自分の晩酌酒に出会えばいいのだ。

だが、石神井公園駅に住むものは幸いである。
その近くの駅に住むものもまた、幸いである。
安くて旨い酒が、石神井公園駅最寄の酒屋さんに売っているからだ。
その店は、西武池袋線石神井公園駅南口にある。
駅の改札からはちょっと離れている。
だが心配するな。
繁華街の中だから、それほど遠くは感じない。

君は明日、石神井公園駅に行くのだ。
いや、もしこれを読んでいるのが昼間なら、今日でもいい。
休日なら動きやすいだろうが、平日でもなんとかなる。
そこで、「とものや」さんを目指すのだ。
場所がわからないって?
下に、Googleマップのリンクを貼っておく。
心配するな。
「とものや」さんに入ったら、真っ先に「三千櫻」を探すのだ。
三千櫻は、岐阜県中津川市の酒。
公式サイトを見ても、取り扱い店舗に「とものや」さんは入っていない。
サイトを作った時にはまだ取引が無かったのかもしれない。。

常温の棚に、その酒はある。
「地酒 三千櫻」
特定名称は、ない。
一升瓶1800円程度。
税込みで2000円をやや越えるくらい。
圧倒的パフォーマンス。
そして、うまい。
常温でよし。冷やしてよし。
日常的な晩酌酒は、こうでないと。

☆【日本酒】三千櫻(みちざくら) 地酒(普通酒) 1800ml

価格:2,013円
(2019/10/24 23:33時点)
感想(1件)

[三千櫻酒造株式会社 岐阜県中津川市の酒蔵](http://www.michizakura.jp/)

石神井公園

Posted by ちえ