【日本酒】2018長野の酒メッセin東京の情報!

2020年11月23日試飲会

毎年恒例の、「長野の酒メッセ」の情報が出てきたのでご紹介します。
ここ数年大盛況で、お客さんの入りの多く場合によってはまともに試飲ができない、という状況にもなっていました。
そこで今年は、大胆に変更してきた部分もあります。
これで少しは混雑緩和されるといいですね。

今年の東京での開催は5月9日(水)

例年、大阪と東京で開催されます。
2018年今年の日程は、大阪4月16日(月)、東京5月9日(水)です。

場所はグランドプリンスホテル高輪

これは毎年恒例ですね。
大阪は、大阪新阪急ホテルです。
グランドプリンスホテル高輪の場所はこちら。

1部 業界関係者向け、2部 一般向けの完全入れ替え制

ここが大きく変わった点
業界関係者向けと一般来場者向けを完全に分けました。
以前は、業界関係者は閉場時間の20時まで居続けが可能だったのです。
今回は完全入れ替え制。2部も入場希望なら再度入場料を払う必要があります。
当然、一部で帰る人もいるでしょうから、混雑緩和の効果が期待できます。

2部は入場料2,000円。DM割や着物割は廃止。

今回の入場料は一律2,000円。
前売りも当日清算も同じ値段です。
ダイレクトメール持参や着物着用での割り引きも廃止。
そうなると、前売りを買うメリットってなんだろう。
下手に発券しちゃうと、手数料がかかって損するんじゃ……

2部の開催時間は16時30分から20時。受付は16時15分開始。

一部終了から二部開始まで30分しか猶予が無いって、参加蔵元は結構大変そう。
出来る人は午後半休か有給取るのが吉。
わしゃ、有給取る気満々です。


割引はなくなったけど、それでも入場料2,000円は安い。
日本酒に興味がある人、日本酒を大好きな人は是非参加してもらいたい。
長野県の蔵元62社のお酒が試飲できます。
その際には、是非有名ではない蔵元のお酒も味わっていただきたい。
せっかく色々なお酒が飲めるのだから、普段出会わない蔵元のお酒も味あわなきゃね。

長野県酒造組合 – Topics

日本酒試飲会

Posted by ちえ