【ゲーム】魔法使いの復活!「ウォーロック・マガジン」復刊

ゲーム,無電源ゲーム,ウォーロック,Warlock,社会思想社,アドバンスト・ファイティング・ファンタジー,ファイティング・ファンタジー,トンネルズ&トロールズ,AFF,T&T,TRPG,ロールプレイングゲーム,テーブルトーク・ロールプレイングゲーム,ゲームブック

どっから話を始めればいいのかわからん。

昔々「月刊ウォーロック」という雑誌がありまして。
雑誌、と思っていたがバックナンバーを買えたので、正確にはムック扱いだったのか。
その辺りの出版事情はわかりません。
発行は社会思想社。
現代教養文庫という、お堅い名前の文庫本シリーズで「ファイティング・ファンタジー」シリーズという、ゲームブックを出していた会社です。

「ゲームブック」とは、「テーブルトーク・ロール・プレイング・ゲーム(以下、TRPG)」から派生したゲーム。
本の形式になっており、「パラグラフ」と呼ばれる番号の振られた短い文章の集合で構成されています。
パラグラフの最後には選択肢とパラグラフの番号が記入されており、選んだ選択肢に対応する番号のパラグラフに進むと、物語が展開していく仕掛けになっています。
物語は選択肢の数だけ分岐していき、読者はその中から正解にたどり着くのルートを探すというゲーム。
物語はいわゆる「ファンタジー世界」を舞台にしたものが多く、地下迷宮を踏破し、怪物と戦い、悪の首領を倒し莫大な財宝を得ることに、当時の少年少女は夢中になったものでした。

そんな「ゲームブック」の嚆矢となったのが、イギリスで発行された「ファイティング・ファンタジー」シリーズ。
多人数で遊ぶ「TRPG」を、一人でも遊べるようにした「ソロ・アドベンチャー」。
これが「ゲームブック」の元ですが、「TRPG」はルールも煩雑で「ソロ・アドベンチャー」とは別にルールブックをもっているのが前提。
これを、ルールを簡易にして、一冊でも完結するようにした事によって大ヒット。
6ヶ月で25万部を売り上げたという。

その、「ファイティング・ファンタジー」シリーズの邦訳版を刊行したのが、社会思想社。
「ファイティング・ファンタジー」シリーズ第一巻「火吹き山の魔法使い」は日本でもベストセラーになる。

そんな「ファイティング・ファンタジー」シリーズの情報誌として登場したのが「ウォーロック」。
イギリスで発行され、日本でも1986年に翻訳版が発行される。

最初は「ファイティング・ファンタジー・マガジン」を名乗り、イギリス版の翻訳記事も多かったが、徐々に日本独自の記事も増えていき、TRPGをフォローする雑誌に姿を変えていく。
「トンネルズ&トロールズ」「アドヴァンスト・ファイティング・ファンタジー」「ウォーハンマー・ファンタジー」とメインにフォローするTRPGを変えつつ、1992年63号にて休刊。
休刊=廃刊みたいなもので、これにて時代的な役割は終わったものと思っていた。

ちなみに、筆者は休刊時にあわてて買い逃していた初期のバックナンバーを全て取り寄せて購入した。
子供のときに夢中になったものへ対する思い入れは強烈で、今でもゲームブックとウォーロックは捨てられないでいる。

ゲームブックの刊行はなくなり、TRPGもすっかりプレイしなくなっていた。
そんな状況を一変させたのが、インターネットの登場だろう。
インターネットでまず何をしたのかというと、昔好きだった物の検索である。
「ゲームブック」「ウォーロック」「ファイティング・ファンタジー」「ドラゴンファンタジー」
まあ、出るわ出るわ思い出話。
思い出話だけではない。
実際の作者登場、翻訳者登場。
当時の思い出、近況。
ゲームブックというジャンルが、今でもこれだけ人々の心に残っていたという驚き。
今まで、本の向こう、出版社の向こう、言ってしまえば「過去のお兄さん」だった作家たちが、ダイレクトにインターネットの向こうにいる。
少し勇気をだせば、いつでも連絡が取れる。
これは革命的な出来事であった。
インターネットで連絡が取れるということは、つまり権利者に許諾を求められるということである。
何にだって? もちろん。復刊の許諾だよ。

以前だったら、当時の出版社なり編集者なり、つてを頼って頼ってようやく探し当てたであろう当時の「ゲームブック作家」に、ボタン一つで連絡が取れるのだ。
それはやがて、創土社や幻想迷宮書店による復刊に繋がっていく。

そして今、「ウォーロック」が復活する。
ゲームブックの興亡に涙し、ウォーロックの廃刊に時代の終わりを感じた幼いあの日。
ほんとうに、生きていてよかった。
新生「ウォーロック・マガジン」は平成18年4月13日発売。
記事の中心は、『アドバンスト・ファイティング・ファンタジー(AFF)第2版』と『トンネルズ&トロールズ(T&T)完全版』のサポート。
『アドバンスト・ファイティング・ファンタジー(AFF)第2版』だって!?
いつの間にそんなのが出てたんだ!?
価格は1,944円。
昔のウォーロックの4倍だが、お前のお小遣いも4倍以上に増えてるだろうから大丈夫だろ?兄弟!

書籍扱いなので、アマゾンやゲーム専門店以外、地方の本屋さんでも注文できるようです。
刮目して見よ!

 

ウォーロックマガジンvol.1

新品価格
¥1,944から
(2018/4/3 06:35時点)

トンネルズ & トロールズ 完全版

新品価格
¥5,590から
(2018/4/3 06:37時点)