【日本酒】金賞受賞銘柄が飲める!日本橋ふくしま館MIDETTEで「金賞受賞酒飲み比べフェア」開催中!

2020年11月23日

日本橋ふくしま館MIDETTEで金賞受賞酒が飲める♪

6年連続の記念として、「金賞受賞酒 飲み比べフェア」開催中です。
第一弾は平成30年6月11日(月)~6月17日(日)
この銘柄の中から2種類700円、3種類1,000円で試飲できます。

  • 金水晶酒造 金水晶 大吟醸
  • 松崎酒造 廣戸川 大吟醸
  • 渡辺酒造 雪小町 大吟醸五十一号袋吊り
  • 鶴乃江酒造 ゆり山田錦
  • 名倉山酒造 名倉山大吟醸 鑑票会出品酒
  • 笹正宗酒造 大吟醸 ササ正宗
  • 国権酒造 特撰大吟醸 国権
  • 会津酒造 大吟醸 田島
  • 榮川酒造 大吟醸 榮四郎 壜囲い原酒
  • 曙酒造 大吟醸 一生青春

店舗一番奥の飲食スペースにて。
手前のカウンターに、それぞれの銘柄の札があるので、2枚ないし3枚選んでお会計をするシステム。
試飲は座って、ゆっくりと楽しめます。
1杯60ml程度ですから、3杯選べば1合程度の量です。

お会計はクレジットカードが使えます。
飲み比べのスタンプカードも押してもらえますよ~

これが金賞受賞蔵の大吟醸か

今回選んだのは、この三種類。

  • 金水晶
  • 廣戸川
  • 名倉山

選んだ基準は、「大吟醸クラスを飲む機会がそうそうない銘柄」。
ほかの銘柄はパカパカ大吟醸を飲んでいる、というわけでもないですけどね。
「大吟醸」になると、そこまで目だって個性がでるわけではありません。
穏やかな甘みと香りの調和。
「金賞を受賞するのはこういう酒かぁ」とお楽しみ下さい。

米と海苔と一升瓶

試飲のあとは、MIDETTEでお買い物。
福島県の魅力的な商品がいっぱい。
目当ては米と海苔。
わが家のおにぎりは、どちらも福島産。

海苔は、福島県南相馬市で加工している黒潮海苔店の「寿司はね」。


「寿司はね」とは、穴が開いたり瑕があったりで、寿司屋での使用からはねられた海苔。
見た目だけで味に違いはなく、家庭用やお弁当などにしようする分にはなんの問題もありません。

米はいわき市産の特別栽培米「こしひかり」。
いつも会津産の米ばかりだったので、お試しにいわき市産を買ってみました。

お買い物はこれだけ。
のはずだったのですが……

なんだ!この一升瓶は!?

MIDETTEに来たら日本酒も見ねばならぬ

MIDETTEでは、日本酒にも力を入れています。
もちろん福島の酒だけ。
一升瓶用の冷蔵庫も完備。
多分、都内で一番福島の酒が揃うんじゃないかな。
それぞれ取り扱っている酒販店さんはあるでしょうけど、一堂に会するとなるとなかなかね。

米と一升瓶をいっぺんに買うと重くなりすぎるので自重しているのですが。
それでもつい買っちゃうよね。

今回の持ち帰り酒はこちら~。

「磐城寿 山廃純米原酒生」

手ごろな価格と山廃仕込。
17度~18度という高めのアルコール度数に惹かれました。

まだ飲んでねぇっす。
晩酌が楽しみ~

試飲もできるし日本酒も買えるし
MIDETTEは最高だな

福島のうめぇもんも毎日きてますんで、是非よってってくだされ~


日本橋ふくしま館MIDETTE(ミデッテ)

【住所】
東京都中央区日本橋室町4-3-16柳屋太洋ビル1F
【TEL】
03-6262-3977
【営業時間】
平日 10:30〜20:00、土日祝日 11:00〜18:00
【休館日】
12月31日、1月1日

関連リンク

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)

 

 

日本酒

Posted by ちえ