【大泉学園】「立ち魚」で魚串。立ち飲みだった所がラーメン屋になって、再び立ち飲みになった!

2020年11月20日立ち飲み

久々に、大泉学園駅に降り立つ。
目当ては別の店でランチだったが、そこは定休日。ガーン!
その代わり、収穫が一つ。
ラーメン屋だったところが、立ち飲みになってる!?

元「海と」、次「横浜家系ラーメン」、今「立ち魚」

もともと、「海と」という立ち飲み屋だったスペース。
「横浜家系ラーメン 大泉道場」というラーメン屋になってしばらく営業していた。
ところがそちらも閉店。
ちょっと調べたら、5月に閉店。
6月には、今の「立ち魚」がオープンしていたみたい。
大泉学園駅、しばらく降りてなかったから気が付かなかったよ。

場所は、ニュークイック大泉学園駅前店の前。
入り口は線路の方を向いていて、刃物屋さんの並びといえばわかりやすいか。
地図で言えばここ。

「海と」の時には少し馴染みがあったので、居酒屋営業してくれるのは嬉しい。
前を通ったのは昼間だったので、営業時間だけチェック。
営業開始は16時から。
無休でやってんのか。
夕方早い時間からのちょい飲みもいいね。

キャンペーン中で、ハイボール100円!

月替わりみたいですけどね。
飲んでる最中にアンケートを取られまして。
アンケート結果が1位2位3位だったドリンクを、よく月それぞれ100円200円300円で提供しているみたいです。
で、たまたま行った月がハイボール100円。
しかも、角かジンビームを選ばせてくれれます。

この日のお通しはパスタ。
ハイボールはやや濃いめ。
100円のハイボールなので薄めなのを想像していましたが、その辺はしっかり妥協無し、です。

まずは最初の注文「まぐろ赤身」「まぐろ串ねぎ間」「鶏ハムのジンジャーマリネソース」

屋号に「魚」が入ってますし、どうやら魚に力を入れている様子。
品書きを見ますと、マグロは2種類。「赤身」と「中トロ」。
赤身は499円と手ごろなお値段。
やっぱりね。マグロの仕入れをみるなら、赤身だと思うわけですよ。
あと、中トロに比べて安いし。
それと魚串。
魚を、串に刺して焼いて出す。
焼き鳥とかと同じ感じのサイズ感。
ちょっとこの辺りじゃ珍しい。
人形町に、魚串の店があったと思うけど、西武池袋沿線じゃ初?
他にあったらごめんなさい。
この辺りは店の売りだろうから注文。
何種類か魚串あったけど、ここはマグロでしょう。
マグロがかぶるが、生と焼きだから気にしない。

まずは「鶏ハムのジンジャーマリネソース」から

さっと出てきた「鶏ハムのジンジャーソース」

オードブル感覚。
むっちりとした鶏ハムの触感が、ハイボールに合う。

続いてマグロの赤身。
印象としてはやや少なめの。
このくらいの量が、一人飲みには丁度いい。
499円。

最後に「まぐろ串ねぎ間」。
ねぎ間って、焼き鳥の正肉の間にネギが挟まっているのが一般的だけど、本来は「ネギとマグロ」のこと。
これはある意味、原点回帰。

食べてる途中で、ホール係の女性がアンケートを取りにきた。
なんでも毎月アンケートを取って、1位2位3位のドリンクを、それぞれ100円200円300円で提供してるそう。
今月はたまたまハイボールが100円。
自分は日本酒が好きなんで日本酒に一票いれたが、「今月は日本酒も200円なんでぜひ飲んでください」と促される。

それならば飲まねばなるまい。
日本酒を注文。
品書きを見ると地酒系もあるみたいだけど、果たして何が出てくるのか。

グラスに並々の日本酒。
銘柄わからずだが、松竹梅豪快っぽい味がする。
この量で200円。
十分満足っす。

揚げ物も食べてみたいと日本酒と一緒に頼んだのが、小海老のフリッター。
オーロラソース添え。
サクサクな仕上がりで、日本酒にもあう。

ベビーホタテ串と

真鯛串。

真鯛串は、塩かワサビで。

しっかり堪能、ほろ酔い気分。

この辺りでお会計。合計は2,649円(税込み)

ハイボール1杯、日本酒1杯。
ほろ酔い加減でお会計。
合計は2,649円。
外に出たらまだ19時前。
これならもう一軒いけるな。