【居酒屋】会津中将が呑める店!文京区白山「立ち飲み処 なかや」さん

日本酒,会津,立ち飲み,会津の酒,福島の酒,福島

白山神社の「文京あじさいまつり」の帰りに立ち寄り。
「金水晶」を三杯も呑んだあとだし、軽くビールでもと思ってメニューを見ていると、なんと「会津中将」を置いている!
「無ろ過初しぼり生純米原酒」と「原酒にごり酒」。
「大七 生もと本醸造」もあるし。何者だ?この立ち飲み。

なんとなく既視感があるなぁと思ったら、浅草で入ったことのある立ち飲みと同じお店だった。

「浅草に出店しました」との張り紙がしてあったので、おそらくこちらが先の出店。
どうやら赤坂にもあるみたい。
屋号に「白山店」とあるので、出店の順番的には「赤坂→白山→浅草」かな。

赤坂は知らなかったな。
今度探してみよう。

「会津中将」があるのなら呑まねばならん

さっそく、会津中将を注文。
「無ろ過初しぼり生純米原酒」の方にした。


大きめのグラスにお皿を敷いてなみなみと、こぼしあり。
多分一合くらいはある。
肴はその日のオススメから、「なめろう」と「カワエビのから揚げ」。
お店の人は厨房もホールも一人。ワンオペ状態。
土曜日、開店直後の16時の入店。
曜日故か時間帯故か。
これ、平日のオンタイムも同じ状態だったら絶対回っていないはず。
普段はホール係が別にいるのかな。

お酒はすぐに来た。
料理は仕方ないので、店の様子を肴にちびちびと「会津中将」をやる。

みなさん「文京あじさいまつり」の帰りなのか、結構カップル連れが入ってくる。
お一人様なのは、先に飲んでいたおとっつぁんと俺くらい。
普段、この時間はもっとまったりしているのだろうなと想像する。

1品目「カワエビのから揚げ」

よい揚がり加減。
サクサクとした食感と濃縮されたエビの旨み。

2品目「なめろう」

隣のカップルが、「なめろうって、鯵だっけ?」と二人で相談しているのが印象的だった。
一般的には「鯵」だけど、どんな魚でも叩いて味噌とか混ぜれば「なめろう」になるよっと。
教えてあげたかったけど、それをやるとうざってぇオヤジになるので我慢。

2杯目は「会津中将 にごり原酒」

「同じグラスでいいですよ」、と言ったら「グラスが違うので」と交換してくれた。

こんなミニジョッキで提供。
わぁ~ヨーグルトみたい~
これならゴクゴク呑めちゃうネ!☆(めっちゃ危険)

会津中将の「にごり」は、「にごり」成分をミキサーで砕いてから最添加しているので滑らかクリーミー。
と、いつぞや蔵元に聞いた気がします。

3品目「ハムカツ」

薄いタイプのハムカツ。

4品目「なかや特製ピザ」

注文時、「少々お時間頂きます」の一言。
大丈夫!全然待ちまっせ~。
タバスコを大目にかけて、いい酒の肴兼〆の一品。

混雑時。お料理は時間かかっちゃうかも。早め早めの注文を

基本、少人数で回してるみたいなので、料理の出は遅め。
注文を受けた順にやってるみたいです。
それでこの値段で出せてるんですもんね。
文句言っちゃいけません。
料理の注文は少しずつ、でも早めに注文しましょう。

白山は中々来る機会がないけれど、来たら必ず寄っちゃうかも。
忙しいなかでもお店の人の対応よく、よいお店でした。


立ち飲み なかや 白山店

住所:東京都文京区白山5丁目33−19
最寄り駅:白山駅、本駒込駅
営業時間:15:00~25:00
(お店の前には16時開店とあったけど、16時前に呑んでいる人はいました)
定休日:日曜日

関連リンク

鶴乃江酒造 | 日本酒 | 福島県会津若松市

 

にごり原酒の通販が見つからなかったので、代わりにこちらを貼っとく。
「純吟・夢の香」も旨いぜよ~。

会津鶴乃江酒造「会津中将・夢の香」純米吟醸<一升>/箱無【福島県推奨品】

価格:3,030円
(2018/6/10 10:41時点)
感想(5件)