【新橋】「鉄火武士道」烏森口の外れにある野武士ような店

烏森口の外れにある硬派なもつ焼き屋

新橋駅烏森口前に広がる飲み屋街。
その外れに位置する「鉄火武士道」。

名前がなんだかいかめしい。

赤いひさしと暖簾、看板が目につく。
パーソナルカラーは赤なんだろうか。

ホルモンメインのお店のようだ。
勝手に、野武士のような店主が串を焼いている絵を想像してしまう。

実際近いものがある。
店主も店員も、立ち回りを得意とする劇団の劇団員らしい。
店内には、出演予定の芝居の案内も貼ってあった。

日曜日も営業

鉄火武士道は日曜日も営業。
新橋はサラリーマン相手の飲食店が多い街。
日曜日は客が集まらないので閉めてしまう店が多い。
その中で、日曜日も営業してくれるのはありがたい。

ハイボールメインでスタート

ハイボール450円
お通し380円

ハイボールと、お通しのかつおのたたき。
お通しに、一品料理が出る店は期待がもてる。

白菜キムチ480円

霜降り 馬刺し 580円

肉系は、芝浦の食肉市場直送らしい。

大豆もやしナムル240円

豚タン150円
豚ハラミ150円
鶏ポン尻160円
ササミわさび焼き160円
豚カシラ150円

串焼きは、専用の注文書に食べたい種類と本数を書いて渡す。
盛り合わせもあったけど、今回はアラカルト。
カシラになぜか赤ウインナーがついてくる。

自家製つくね190円
大山鶏レバーレア焼き190円

レバーは1欠食べちゃった。

チーズオムレツ

チーズオムレツは、その日のオススメメニューから注文。
値段は忘れちゃったけど400円くらいだったと思う。

冷やしトマト350円

鉄のとり唐480円

ビールを使って下味をつけているそうです。

日本酒もあるけどメニューがなかった

壁をみると「やっぱり日本酒がうまい」的な標語が貼ってあった。

それなら地酒もあるかなと思ったが、手元には日本酒のメニューがない。

店内を見まわすと、辛丹波のポスターなら貼ってあった。

辛丹波だけってこともあるまいと思い、一応聞いてみた。

  • 十四代
  • 立山
  • くどき上手

店員さんが「あります」といったのは、上記の三種類。
よくよく見ると、カウンターの奥に「山の井」のメニューがあった。
改めて聞いてみたが、こちらは品切れ。

公式サイトにはプレミアム酒として、飛露喜の名前もある。
もっと回転のいい時には色々飲めるのかもしれない。

混雑時は2時間制

こうしてる間にもどんどんお客さんがやってくる。
1人客もいるし2人以上のグループ客もいる。

開店から7年。
日曜日も営業している店として、十分に認知されているらしい。

新橋セントラルプラザビルがオープンして、多少人の流れが変わったことも幸いしたかな。

混雑時は2時間制。
特に「そろそろお会計を」とは言われなかったけど、立て込んできたようなのでこちらからお会計。
2人で1万円程度でした。

店名鉄火 武士道 新橋烏森口店
業態居酒屋、焼鳥、ホルモン
住所東京都港区新橋4-20-1
営業時間(通常時)月曜 17:00〜朝まで営業★
火曜 17:00〜朝まで営業★
水曜 17:00〜朝まで営業★
木曜 17:00〜朝まで営業★
金曜 17:00〜朝まで営業★
土曜 17::00〜朝まで営業★
日曜 17:00〜2:00
日曜営業
定休日(通常時)無休
オープン日2014年10月21日
公式サイトhttp://bsd2410.web.fc2.com/
http://bsd2410.web.fc2.com/tekka/index_tekka.html
公式Twitterhttps://twitter.com/tekkabushido