【六本木】「幸楽苑」で創業祭『餃子とラーメン(クラシック)』

2020年11月20日ラーメン

幸楽苑でクラシックな餃子

全国の幸楽苑で創業祭実施中。
ここ、六本木の幸楽苑も例外ではなく。
幸楽苑といえば本社が福島県郡山市。
福島県といえば、大好きな日本酒の銘醸地。
親近感も沸くというもの。
なんか期間限定メニューやってないかなと公式サイトを見てみたら、創業祭でダブル餃子定食が500円じゃないですか。

餃子(クラシック)ダブル定食 これで500円……
大迫力。餃子12個。

期間限定が残念。
お腹もカロリーも大満足。
クラシック餃子は、黒味かかった薬膳チックな餃子でした。

9月20日からはクラシック中華そば(380円)を提供。こちらは継続中。

翌日(笑)
今度はラーメンが食べたくて、幸楽苑を再訪。
丁度切り替わりのタイミングで、9月20日からは、クラシック中華そばを提供。
こちらは380円。
セットも考えたけど、カロリーみたら700Kcalオーバー。
ダイエット中の身としては、ぐっとがまん。

シンプルな中華そば(クラシック)

何が違うのかなとメニューを見る。
チャーシューの数と、ナルトの有無。
出汁も違うんだろうが、そこまではよくわからん。

六本木の幸楽苑は、14時近くでも混んでいる

今回お邪魔したのは、幸楽苑の六本木店。
14時前に伺ったのに満員。
待っているお客さんも2人。
すぐに案内はされたけど、びっくりするくらいの客の入り。
年配の団体客多し。
テーブル席もゆったりで、多人数でランチするには丁度いいのかもね。

幸楽苑の創業祭は9月29日まで

9月20日から29日までは、中華そば(クラシック)が380円(税込み)で食べられます。
なんにしても、ラーメン380円(税込み)はお安い。
健康さえ気にしなきゃ、毎日中華そば(クラシック)でもいいくらい。

本日のカロリー

餃子クラシック ダブル定食 

エネルギー 1035kcal
炭水化物 159.1g
脂質 17.5g
タンパク質 19.6g

脂質は高いが、タンパク質はまあまあ。
ただし、ご飯+餃子の皮で炭水化物は多め。
ご飯の量は、公称250g。

中華そばクラシック

エネルギー 611kcal
炭水化物 85.1g
脂質 16.8g
タンパク質 20.8g

ダブル定食と、脂質がそれほど変わらいことに驚愕。
タンパク質もほとんど変わらない。
エネルギーの差は炭水化物量だけ。

幸楽苑 もぐもぐセット (餃子 標準60個入り 味噌野菜 ラーメン 4人前 ) 冷凍生餃子 10人前 冷凍 らーめん セット 生餃子 冷凍餃子 味噌ラーメン 冷凍食品 食品 惣菜 中華惣菜 点心 中華 中華点心 グルメ 餃子 ぎょうざ ギョーザ おいしい

価格:3,480円
(2019/9/21 16:24時点)
感想(33件)