【大泉学園・ランチ】「まるふく」でおまかせ刺身盛り合わせ定食980円 昼から飲める。新鮮なお刺身ランチに舌鼓。

もっと早く来たかった!

「どうしてもっと早く来なかったのだろう」

『おまかせ刺身盛り合わせ定食』が運ばれてきて最初に思ったことがこれ。
ちょっと高級なお店だと思っていた。
ランチ980円から。
安い!という値段ではないし、全体的に高いお店だと思っていた。

でも、全然高くない。
料理の値段と盛り付けの量のバランスを考えれば、むしろ安い店だということが判る。

おまかせ刺身盛り合わせ定食980円

氷の入った器の上に、のった刺身は5種類。
かつお、サーモン、ブリ、カンパチ、びんちょう。
一切れ一切れが厚めに切られ、三切れずつ丁寧に盛り付けてある。
他の店なら、この盛り合わせだけで980円以上のお代を取れる。

ご飯は大盛り無料。
みそ汁、茶碗蒸し、サラダ、漬物がつく。
漬物は酸味がきいていて、箸休めに最適な味。
サラダのドレッシングも美味しい。

少しお酒を飲んで、しめにご飯とお刺身という食べ方もいい

ご飯を小盛りにしてもらい、日本酒を頼むのもいいだろう。
まずは刺身を、酒の肴として楽しむ。
1切れずつくらい残しておいて、〆にごはんのオカズにする。
池波正太郎のエッセイにでも出てきそうな、ちょっと大人な食べ方だと思う。

レギュラー酒は「大雪の蔵」

地酒も置いている。
だがここは、レギュラー酒でいきたい。
日本酒1合290円。
大徳利の2合なら580円。
メニューには日本酒としか書いていないが、徳利は大雪の蔵(北海道)のものだ。
おそらく中身も、大雪の蔵だと思う。

冬季限定 自家製の「にしんの山椒漬け」

もう一品ほしければ、冬季限定のにしんの山椒漬けがオススメ。
福島県会津地方の郷土料理で、身欠きにしんを山椒の葉といっしょに漬けたもの。
既製品も手に入るが、まるふくでは手作り。
やや温めてだしてくれる。
山椒の風味とタレの酸味、にしんの脂味が辛口の酒によく合う。

カウンター席あり。20時までの通し営業。夜もランチメニューが注文できる。

店内にはカウンター席もあり、一人客も入りやすい。
上手い具合に仕切ってあり、店内の全貌は見えない。
座敷の席もあり、家族連れがくつろいでいた。

11時半のオープンで20時までの通し営業。
ランチメニューは20時まで提供。
本格的な飲みだけでなはなく、夕食がわり晩酌がわりにも使えそうだ。

お店情報

店名鮮魚まるふく
業態海鮮居酒屋
住所東京都練馬区東大泉4丁目2−2 プリムヴェール 1F
営業時間11時30分から20時
(緊急事態宣言下の営業時間です。状況によって変更になるときがあります。)
定休日月曜
公式Twitterhttps://twitter.com/marufuku0219