【有楽町】究極!「峠の釜めし」の頭で一杯「荻野屋 玄」

あの「峠の釜めし」の荻野屋が有楽町ガード下に出店!「釜めし」を買って食べたり、1杯飲んだりできる!

新橋から、日本橋を目指して歩いている時に発見。

ちょっと1杯飲める、「峠の釜めし」の荻野屋の支店ができていたとの噂は聞いていたが。

オリジナルの食器が楽しい!欲しい!

日本酒の受け皿が小さな釜めしの釜!400円くらい!

おつまみ用に、釜めしの「頭」!800円!
これはテーブルに埋まっている訳でなく、下半分が切ってある釜めしの釜!

これ、どっちも欲しい!売ってくんないかなぁ

散歩の途中に立ち寄るも良し、夜にじっくり酒を愉しむもよし

散歩のついでに寄っただけだったので、そんなに長居できなかったけど。
釜めし以外にもおつまみ豊富。

有楽町の文字を焼きこんだ特製の釜めしの釜が壁の中に積んであったり、店内のインテリアも楽しい。

これは1度、しっかり腰を据えて飲みにこなければなるまい。
立ち飲みだけど。

店名荻野屋 弦
業態「峠の釜めし」販売、立ち飲み
住所東京都千代田区有楽町2丁目9−8 JR東日本有楽町駅高架下 【エキュートエディション有楽町】内
営業時間(通常時)11:00~23:00
LO eat 22:00 drink 22:30
※夜の一品メニュー提供開始は16:00~
定休日(通常時)なし
公式サイトhttps://oginoya.tokyo/yurakucho/
開店日2021年3月26日
訪問月2021年11月