【六本木】「赤札屋」で『ジャンボトンカツ定食』ご飯味噌汁セルフで食べ放題!

2020年11月21日

六本木・赤札屋のランチはご飯味噌汁セルフで食べ放題

六本木の芋洗い坂付近にある赤札屋。
夜も安いのだが、昼のランチも安い!
しかも、ご飯、味噌汁、漬物、お替り自由!
セルフなので、店員さんに気兼ねすることなく、3杯目も4杯目もいける。
働き盛りには、夢のようなお店なのです。

配膳場 お茶もコーヒーも飲み放題

今日はジャンボトンカツ750円でガッツリと

メニューは色々あるのだが、ジャンボトンカツは比較的人気高し。
たまに売り切れになっている時もある。
幸い、この日はあった。
トンカツでがっつりとご飯が食べたかったのだ。
店内に入ると、店員さんが人数を聞いて席へ案内してくれる。
一応メニューを見るが、初志貫徹で「ジャンボトンカツ」を注文。
多分時間がかかるだろうから、先に味噌汁を飲んで胃を温めおくかと、配膳場に立つ。

振り向いたらカツがいる!

配膳場の配置はこんな感じだ。
漬物やお茶の向こう側に、巨大な御櫃が二つもある。
ご飯は冷めてしまうのでカツが来てからだ。
まずは、みそ汁をよそおい、お盆に漬物、お茶、おしぼりと共に乗せる。
振り向いて自分のテーブルを見たら、

もうカツが来ている!

本気でびっくりした。
自分のテーブルに、カツだけが皿に乗って運ばれていた。
普段だともっと時間がかかったりする。
比較的早い時間だったからか。
いや、早いことはいいんだけどね。
あんまりびっくりしたので、カツだけの写真は無しだ。
慌ててお盆を自分のテーブルに置いて、今度はご飯だけをよそおいに行く。

まずは一杯目 のご飯

「赤札屋」の茶わんは結構大きい。
どんぶり、というほどのサイズ感ではないが、普段自宅で使っているサイズよりは大きい。
この大きな器というのが曲者で、ご飯を盛る時サイズ感が狂うのだ。
そして普段より食べすぎてしまう。
モリモリ食うつもりで来てるのだから、それでも構わないのだが、盛りすぎるとなんだか罪悪感が生まれてしまう。
今日は慎重に……

うん。ちょっと、盛りすぎた。
目測だが、これだと多分、半合くらいある。
シャモジも大きくて、少しずつ盛るのが難しいんだわ、これが。

全体的にみると中々いいバランス

ソースは直接かけずにその都度、刺身のようにカツの方をつけながら食べるとおいしい

これは某とんかつ店で提唱している食べ方なのだが。
カツに直接ソースをかけずに、小皿にソースを入れてカツの方をつけて食べるとおいしい。
「赤札屋」でも試してみたが、やっぱりおいしかった。
小皿は、漬物を入れる皿をもう一つもらって対応。

具体的にはこうやってソースを入れて
こうやってつけて食べる 箸は省略

カツに直接ソースをかけると、時間がたつと衣がソースを吸ってしまって、ぼやけた味になってしまう。
カツの方をその都度ソースにつけることによって、衣のサクサクさも保たれるし、ソースの切りっとした味も楽しめる。
理屈を言えばこんなところか。

当然ご飯2杯目

ライス2杯目 こころなしか1杯目より多い気が……

今回はご飯をモリモリ食うのが目的だから、トンカツ半分くらい食べ進めたところで、ご飯が無くなった。
当然、2杯目お替り。
今度もまた、思ったより多めになってしまった。
大きなお茶碗におおきなシャモジ。
はっきり言って、罠だ。

ジャンボトンカツ 大きさだけでなく厚さもある

ここで、トンカツの紹介。
「ジャンボトンカツ」と謳っているわけだから、当然でかい。
ただこの「でかい」というのが曲者で、場合によっては叩いて伸ばして表面積だけ大きくしてあるところもあったりする。
紙カツとか言ったりして、それはそれでうまかったりするが、なんだかちょっぴり寂しい気持ちにもなる。

赤札屋のジャンボトンカツ 中々の表面積
厚さも悪くない 普通のローストンカツ並くらいの厚さはある

お分かり頂けただろうか。
赤札屋の「ジャンボトンカツ」。
大きさだけでなく、厚さも合格点である。
さっくりした衣の向こうに、噛みごたえのある豚肉。
脂身も過不足なく、ロースの旨味も堪能できる。
十分、満足できる味。
遅い時間に来ると売り切れいる時もある理由がこれで判る。

いったれ!ご飯3杯目

やっぱり同じ量を盛ってしまう

トンカツは二切れほどしか残ってないが、やっぱりご飯を3杯目。
お替り1杯無料ってところはあるけれど、3杯目以降は無料ってところは中々ないからね。
ついつい、お替りをしてしまうってものよ。
貴重なトンカツは程々にして、3杯目は野菜で食べる。
付け合わせのキャベツがなかなかの量で、これでご飯茶碗一杯分は十分いける。
ついでにおみそ汁もお替り。

みそ汁もお替り 具が入った!

おみそ汁をよそおうと、スープストッカーの蓋を開けてびっくり!
具が増えてる!
からくりはこう。
実は自分がみそ汁をよそおった直後、店員がスープストッカーを持って厨房に消えたのだ。
新しいのをつぎ足してくれたんだね。
そうか。具無しで寂しいとおもっていたが、あの具の少ないみそ汁は、あらかた具をすくわれた後だったので。
嬉しい、具の入ったみそ汁はこちら。

もやしとネギが見えます

もっと具を入れたかったんだけど、業務用のお玉はで具だけすくうのは難しいわぁ。

本日の記録「ご飯3杯」 生卵は断念……

「赤札屋」さんのランチは、生卵が1個だけ無料。
当然最後の1杯は生卵をかけてTKGと行きたかったのだけど。

だけど。
だけどね。

心が、ブレーキを掛けるのだよ。

もうこれ以上食べてはダメだと。

心のブレーキに従って、本日のランチはご飯3杯で終了。
といっても1杯1杯は普段の1杯より多いわけだし。
トータルで言えば1.5合くらいは食べている気がする……

もりもり食べて元気回復 午後も頑張れる

赤札屋のランチ外メニュー こんな店が六本木にあるという奇跡

無茶食いドカ食いとはいかなかったけれど、食べ過ぎたのは食べすぎた。
カロリー過多でございます。
でも逆に、食べ過ぎた時の方が午後の仕事が頑張れる気がするのよ。
食べた分動かなきゃって、身体がよけいに動いてくれるのかな。

お店情報

赤札屋 六本木店は、六本木交差点のほど近く。
アマンドのそばの坂、芋洗い坂を下って行った先。
六本木駅前郵便局とか、すき家の近くにあります。
ランチは11時から15時。
ちなみに、夜も安いです。

象印マホービン【TH-CU080-XA】マイコンスープジャー ■容量8.0L 40人~60人分 ■乾式保温方式 ステンレスボディ・ステンレス内なべ ■送料無料(北海道・沖縄県・離島は送料が掛かります)

価格:33,200円
(2019/11/20 21:53時点)
感想(1件)

サクッと柔らか 豚ロースとんかつ120g×48枚 業務用ケース

価格:11,780円
(2019/11/20 21:58時点)
感想(1件)

六本木・ランチ

Posted by ちえ