【東中野】「えきそば」富士そばっぽいけど富士そばにあらず!【閉業】

2020年12月6日立ち食いそば

酔った勢いで、東中野の「えきそば」

中央線で呑んだ夜。
乗換駅の東中野。
酔った勢いで途中下車。

目的地は、「えきそば」という立ち食いソバ屋。
これが不思議な立ち食いソバ屋で。
店そのものはオーソドックスな立ち食いソバ屋。
まず問題は外観。

なんちゅうか、「富士そば」っぽい。
富士そばの居抜き?独立?で開業した店なんだろうか?
個人店ならいざ知らず、「富士そば」だったら原状復帰させるだろうしな。

メニューもオーソドックス。
特に挑戦的なメニューもなく。
ここまで普通だと、逆に清々しい。
今時ないよ、こういう立ち食いソバ屋。

こっちも負けじと、フツーのかけそばを注文。
麺は茹で緬。
関東特有の真っ黒な醤油出汁。
飲んだ締めにはピッタリな量。

味もフツー。
無料のトッピングとかもなく。
かけそば300円。
値段もフツー。
うーん。お見事!

やっぱり「富士そば」の居ぬき開店だった!

ちょっと口コミ調べたら、やっぱり富士そばの居ぬき開店だった。
富士そばと交渉したのか、元従業員が独立開業させた店なのか。
その辺は謎。
券売機もそのまま使ってるけど、無償譲渡とかなのかなぁ。
富士そばにも、独立開業支援制度とかあるのかもね。