【石神井公園】「とおるちゃん」日本酒に合う!絶品のアジ寿司!(日替わりメニュー)

2020年11月19日

今夜は「とおるちゃん」

石神井公園の「とおるちゃん」再訪。
本日の一杯目は「三千櫻」から。
1合で600円。
破格のような安さ。
以前はコストパフォーマンスなんか考えてホッピーとか頼んでいたけれど、お酒はやっぱり飲みたいものを飲みたいように飲むに限る。
近頃はもっぱら、1杯目から日本酒。

「三千櫻」は岐阜県中津川市のお酒。
東京では置いている酒屋さんも少ないはずなので、どっからの仕入れか気になっちゃう。
こっから近くだと、関町か春日町か……

と思いを馳せながらメニューを眺める。
お刺身三点盛550円(といいながら、四種類くらい魚介の名前が書いてある)も気になるな。
お。マグロのアラ煮なんてある。
350円。まずはこれを頼もう。
それともう一品。
三点盛もいいんだけど、このアジ寿司が気になる。
いきなり寿司だと、締めっぽくなっちゃうかな。
刺身三点盛をたんじゃうと、アジが被るし。
ううん。

うん。

居酒屋では、食べたいものを食べたいように限る!

絶品のアジ寿司

選べるお通しは、きんぴらごぼうとチーズを選択。
豆腐だと思ってチーズを選んでしまったのは秘密だ。

日本酒には、必ず和らぎ水は添えてくれる。
喉が渇いていたので、一気に半分くらい飲んじまった。

マグロアラ煮。
日本酒に合いまくり。
針ショウガの爽やかさが、より食欲を刺激する。

「三千櫻」をチビチビやっていると、アジ寿司がやってきた。

おう!まるまる一本!
たっぷりかかった薬味。
ふんわりと押した棒寿しといったところか。

肉厚の鯵。
こりこりと適度な歯ごたえ。
青魚の臭みなぞ、一切無し。
元寿司職人がつくる、というだけのことはある。
締めの一品でもいいけど、酒のアテとしても十分いける。
そのままでも十分いけるけど、ちょいとお醤油を垂らすとまたよし。

二杯目は神奈川県海老名市の酒「いずみ橋」。串揚げも頼んだが、写真を撮るのをすっかり忘れる。

アジ寿司三切れ残して二杯目のお酒を注文。
神奈川県海老名市の地酒「いずみ橋」。
同時に串揚げを三本注文。
うずら、玉ねぎ、かしら。
だが、どちらも写真撮り忘れる。
しまった。

かしら肉のモチモチした食感が忘れられん。
牛タンのきれっぱしも頼んだが、この日もなかった。
なかなか出会えんのう。

「とおるちゃん」の日本酒は、しっかり1合あるので、2杯でもいい心持ち。
ほろ酔いで帰るには、2合くらいが丁度いいんだよねぇ。
この辺でお勘定。
〆て2,780円。
「とおるちゃん」はしっかりレシートもくれます。
明朗会計。素晴らしい。