【新橋・居酒屋】「新橋四丁目酒場わっつり」さんで一杯

2020年11月19日昼酒

歌舞伎座のあとに新橋まで歩く

歌舞伎座で昼の部を堪能。
そのあと、銀座通りをプラプラと新橋まで歩く。
日曜日。歩行者天国。
Apple Shop、教文館、博品館を冷やかしながら。
目指すは新橋駅西口通り。
少し早い時間だが、ここならどこか開いているべ。

「新橋四丁目酒場わっつり」さんは14時オープン

久しぶりの新橋なので、ちょっとウロウロ。
日曜日の夕方だけど、ぽつぽつとオープンしているお店もある。
何軒か新しいお店も増えている。
何軒かみた中で、「ここ良さそう」と思ったのが「新橋四丁目酒場わっつり」さん。
魚料理が多く、旬の秋刀魚の塩焼きが日替わりメニューにあったのもポイント高し。
この日は、秋刀魚の塩焼きが食べたかったのよ。

店の入り口は常時オープン。
外にまで席があるお店は入りやすくてよいよね。
16時半くらいには開いていたので、オープン何時か確認したらなんと14時!
酒飲みにはありがたい店です。
昼間の新橋って意外と閑散としているんだけど、「わっつり」さんは、既にお客さんが3組。
小さなお店なのかと思ったら奥もあるし、なんと宴会用に地下もあるとか。
懐が深い。

まずはお通しで様子を見よう

この日はビールで秋刀魚の塩焼きといきたかったので、席に着くなり生ビール、次いで秋刀魚の塩焼きと、自家製のあん肝ポン酢を注文。
残念ながら瓶ビールはなかった。
生をグイグイもいいけど、本当のこの日の気分は瓶ビールをちょいちょいだったんだけどね。
それでも、生ビールを美味しく頂きます。
その内にお通しがやってきた。

右が注文した「あん肝ポン酢」。
左がお通し。
お通しというより、もはや一品料理。
「魚がかぶってしまった……」
とは思ったが、もちろん美味しく頂く。
「わっつり」さんのお通しは結構しっかりした量。
料理の注文は、その日のお通しを見てから考えた方がいいと思う。

秋刀魚の塩焼きうまい。では日本酒も攻めてみようか。

秋刀魚の塩焼きがやってきた。
載せている下駄が小さいのはご愛敬。
ビールもぼちぼちなくなりそうだし、日本酒へとまいりますか。

日本酒はこぼしも入れて90mlから100mlといったところか。
1杯500円から600円のお手ごろ価格。
量も手ごろなら値段も手ごろ。
秋刀魚の焼き具合もよし。
今日もペロリと完食だが、器が小さいと、秋刀魚の骨の収まりが悪い。

あとはゆっくりお酒と残ったあん肝を頂いてお会計。
この日のお会計は、3,200円でした。

新橋で14時オープン。日曜日も営業とありがたいお店。
お魚系が売りのようなので、今度はお刺身も攻めたい。
歌舞伎座昼の部の後にちょっと飲みたい時など重宝すると思います。
こりゃ、銀座ぶらついて新橋方面へレッツゴーですな。