【はしご酒】サラリーマン・焼兵衛・高木のぶぅ

2020年11月20日

秋津ではしご酒。

まずは、新秋津駅前の「サラリーマン」。
店の名前に反して、サラリーマン率は高くない。
ホッピーを注文。
中は頼まず、外を継ぎ足し継ぎ足し仕上げるのが最近のスタイル。
お刺身が食べたかったので、カツオとイカを注文。
カツオにはニンニクたっぷりついてきた。
やっぱり、カツオにはニンニクだよな。
うれしい。
もう少し食べたかったので、串焼きも頼む。
タン2本300円。塩で。
お会計は1,500円くらい。
よし。次へ行こう。

2件目は「焼兵衛」。
こちらも新秋津駅前。
サラリーマンとは駅を挟んで反対側。
立ち飲み。
平日はお客さんがいっぱいだが、休日だったせいか空いていた。
「日曜日にやっているんだ」という驚きと「土曜日定休なんだ」という再確認。
まずは焼兵衛セットをホッピーで頼む。
焼兵衛セットは、その日の日替わり1品と飲み物がセットになって600円。
この日はナスフライ。
食べ物はお好みがあるから、ちゃんと聞いてくれる。
ソース多めにかけて、ナスのフライをほおばる。
ちゃんと目の前で揚げられているナスはうまい。
ソラマメとボイルウインナーも注文。
どちらも200円。
ウインナーには、ケチャップとマヨネーズが添えられる。

「焼兵衛」も、飲み物のお替りをしないで退店。
3件目は「高木のぶぅ」へ。

「高木のぶぅ」は、がっつり系のラーメン屋。
いわゆる「二郎インスパイア系」。
一番ベーシックな「ラーメン」を選択。
麺200gと300gは同一価格780円
野菜は「増し」で。
ちなみに、少な目、普通、増し、マシマシ、とある。
少な目で、もやし1袋分というから、増しは3袋分か。
山盛りのもやしに、厚切り豚チャーシューが4枚。
なかなかのボリューム。
もやしを食べているときは平気だったが、麺にたどりついたら一気に満腹感が襲ってきた。
それでも、お酢、タレ、胡椒などを駆使しながら完食。
さすがにスープは残した。

二郎インスパイア以外にも、背油ちゃっちゃ系、まぜそば系、豚丼系とやっていて気になる。
が、晩御飯に食うもんじゃないね。
ランチに食って、そのあと動いて少しでも血糖を使うために食うもんだ。

帰りの道中は苦しかった。

秋津,居酒屋

Posted by ちえ