【石神井公園】「元祖台湾ラーメン 味世 石神井公園店」で台湾ラーメン!元祖の店で修業した本場の味!

ラーメン

石神井公園で本場名古屋の味が食べられる!

名古屋名物の台湾らーめん。
台湾ラーメンという名前に反して、名古屋生まれの名古屋メシ。
近い麺料理はあるけれど、台湾に台湾ラーメンはありません。
名古屋拉麺として、逆輸入はされてるみたいだけど。

そんな台湾ラーメンを始めて作ったのが、名古屋の「味仙」という店。
味仙店主の郭明優さんが、台湾の担仔麺という料理を元に、日本で創意工夫して作り上げたみたいですねー。
最初は賄いで食べていたものが、徐々に店でも出すようになり、そのうち評判になって。
というのは、よくある話。

現在では、激辛ブームやカプサイシンブームもあり、全国でも認知度を上げつつあります。
認知度が上がると、インスパイアされて台湾ラーメンを出す店が増えるということ。
味仙の出店も含めて、都内でも台湾ラーメンというメニューが食べられるお店は、それこそ無数にあります。

さてここ石神井公園駅にも、台湾ラーメンを標ぼうするお店があります。
その名は「味世」。
味仙と名前が似てますね。
こちらた、きちんと味仙で修業し、正式にのれん分けを許されたお店だそうです。
それゆえ店名に、「元祖名古屋台湾ラーメン」と入っているんですね。

当然、店主なりの工夫も入っているのでしょうが。
元祖の店で修業した味がここ練馬区石神井町で食べられるのですから、すごいことです。
東海道新幹線に乗らなくとも、西武池袋線で名古屋に行ける!?

ちょっと言い過ぎましたね。スミマセン。

ちなみに「味世」の近くには、辛辛魚で有名な「井の庄」が。
隣の大泉学園駅には、担々麺でお馴染みの「タンメン本舗ミヤビ」があります。
練馬区の西の端で、激辛ブームが来てる?

なににしても、石神井公園で本場台湾ラーメンが食べられるとは。
ま、本場名古屋で、台湾ラーメンは食べたことないんすけどね。
その一端にでも触れたいと、「味世」さんを訪れました。

店舗はビルの半地下。対面はお馴染み「那辺屋」さんn

「味世」さんの店舗は、車通り沿いのビルの半地下にあります。
いわゆる雑居ビルのていで、知らないとちょっと躊躇するかも。
実際は、階段おりてすぐ手前側ですし。
店の目の前は、よくお世話になっているやきとんの店「那辺屋」さんですから、そんなに緊張感はないんですえどね。

行列の指示のある立て看板もありますが、この日は待ち人もおらずすんなりと入れました。

注文は食券制、入って右手角に券売機あり

客席はL字型のカウンターのみ。
入って、右に行った角に、券売機があります。
これがちょっと分かりにくいかな。

メニューは基本、台湾ラーメンのみ。
辛さによって、種類が分かれます。

  • 辛さ無し 0辛
  • アメリカン 2辛
  • 台湾ラーメン 5辛
  • イタリアン 7辛
  • スーパーイタリアン 10辛

あと、つけ麺もありますね。
店のオススメは、当然台湾ラーメン。
辛さが苦手じゃなかったら、ここから試していきましょう。

席ごとにピッチャーあり

このご時世ですから、席は1席ごとにアクリル板で仕切られていました。

各席ごとにピッチャーあり。
これでいちいち席を立ったり、周りに気兼ねすることなく、水をゴクゴク飲めます。

追加トッピング、ごはんものは現金対応

食べてる最中に追加トッピングしたり、ごはんものが食べたくなったら、現金での対応も可。
手元に、メニューもあります。

台湾ラーメン チャーシュー味玉トッピング 800円+350円

ちえはこの日初めての訪問だったので、基本の台湾ラーメン(3辛)レギュラーサイズ800円に、チャーシュー・味玉トッピング350円をしました。

麺の上に、たっぷり挽肉と唐辛子を炒めたもの。
ニンニクも一緒に炒めてありますかね。
むせ返るような香りが登ってきます。

麺はもちっとしたストレート麺。
これがまあ、絶妙なスープとの絡み具合。

チャーシューは適度に脂身のサシが入った柔らかいタイプ。
こういうタイプのチャーシュー、大好きです。

味玉は、黄身の火の通りがしっかりめ。
最初から半分にカットしてあって食べやすい。

麺とひき肉、もやし、ニラを一緒に持ち上げて食べると至福!

うますぎて、一気に食べるのがもったいない。
すこしずつ味わいながら、大事に大事に食べ進めました。

ニンニクチップ発見。
食欲を刺激しまくる強烈な香りはお前か!!!

スープまで完飲です。
一応ダイエットを気にしてたんで、おじやはまたの機会です。

うまかった初めての台湾ラーメン、こりゃクセになるのもわかるわー

いやー!うまかった、台湾ラーメン。
始めて食べましたけど、クセになるってのがよくわかります。
辛いんだけど、旨みの所在がはっきりしていて、辛くても本当にクセになる味。
何度もリピートしてしまうってのが、よくわかりました。
寒い冬もいいけれど、夏の暑い盛りに食べるのもいいかもですね~☆
一番悪魔的な楽しみは、目の前の「那辺屋」さんで一杯やったシメに食べてしまう事でしょうか。

お店情報:「元祖台湾ラーメン 味世 石神井公園店」

店名元祖台湾ラーメン 味世 石神井公園店
業態ラーメン専門
住所東京都練馬区石神井7-1-3 Tビル B1F
営業時間(通常時)火曜日〜土曜日11:30〜14:30 17:30〜21:30
日曜日11:30〜14:30 17:00〜19:30
定休日(通常時)月曜日
公式Twitterhttps://twitter.com/misei_syakujii
公式Facebookhttps://www.facebook.com/misei.shakujiikoen
開店日2017年1月12日
訪問月2021年5月上旬