【西荻窪】「扇子」さん。30種類の日本酒に本格的なお料理を合わせる夜。

西荻窪駅南口を出る。
不動産屋と携帯ショップの間の路地。
仲道街を南下。
車通りを渡って、そのまま直進。
不思議なダウンアップがあるので、「ここは暗渠ではなかろうか」と想像しながらしばらく歩くと、右手に見えるのが「扇子」さん。
「日本酒のよい店がある」と友人に教えてもらった。

日本酒全品グラス450円

店に近づくと、目に入るこの看板。
日本酒120mlのグラスで全品450円。
これなら気軽に呑める。
気候もいいので、店の入り口の引き戸も全開。
迷うことなく入店。

メニューを見る。
20から30種類の日本酒とあったので、数えてみたら30種類以上あった。
さらに平日は2,480円で飲み放題だとか。
たくさんあるメニューの中から、既知の酒「相模灘」を選択。

お通しは2品。500円。
念の入ったものが出てくる。
豚軟骨とごぼうの煮物。
青菜ときのこのお浸し。
豚軟骨は、胡椒がいいアクセント。
どちらもダシまで完食。

お刺身三点盛。
シメサバと真鯛。
手前は「ヤガラ」。
聞いたことないお魚だったので調べたら、細長い体をした変わった魚だった。
3種類くらいあるらしいけど、よく食べられるのは赤い体をした「アカヤガラ」。
未確認だけど、たぶんこれも「アカヤガラ」。
甘味があって適度な脂でうまい。
年中取れるが、脂が乗り始めるこの時期が旬らしい。

アナゴの塩焼きを柚子胡椒で。
皮はパリっと焼き上げて、これまたうまい。
そのままでよし、スダチを絞ってよし。
付け合わせの奈良漬けがまたよし。
日本酒に合わぬわけがない。

2杯目は「十九」。

お酒の量もちょうどよく。
お料理も本格的で美味しい。
カウンターがあるので一人でも入りやすい。
駅からちょっと遠いけど、その分落ち着いて飲める。
西荻窪の懐は深い。